コラム

忘れていませんか?2021年度はドライバーの残業時間は「月80時間以内」・・・

2021年度の目標は事業者の3/4が残業月80時間以内

 

来年2021年度はドライバーの残業時間は月80時間まで。

そう言われたとき「うちは大丈夫」という会社はどれくらいでしょうか?

見出しの残業時間は「全日本トラック協会」が発表している目標です。

協会では、

「トラック運送業界の働き方改革実現に向けたアクションプラン」を作成。

2021年度には事業者の3/4(約46,500社)でドライバーの残業時間を、

年間960時間(月80時間)になる目標を設定しています。

 

具体的な目標は「残業時間が年間960時間を超える事業者の割合」を、

2021年度:25%

2022年度:20%

2023年度:10%

2024年度:0%

年度ごとに達成目標が設定してあります。

協会のホームページには特設ページが設けられていますので、

詳細はこちらから確認してみてください。

http://www.jta.or.jp/rodotaisaku/hatarakikata/hatarakikata_tokusetsu.html

 

 

1日の拘束時間は「12時間」が目安

 

とはいえ、

実際にドライバーの労働時間はそう簡単に削減できませんし、

1日何時間を目安にしたらいいか悩むところです。

 

仮に月の稼働日数を25日で計算してみると、

・時間外労働時間:3時間12分(月残業80時間÷25日)

・法定労働時間:8時間

・休憩時間:1時間

➡合計すると12時間12分。

月の残業時間を80時間に収めようとすると、

1日の拘束時間の目安は「12時間」になります。

「改善基準告示」の拘束時間は13時間(原則)なので、

改善基準告示より毎日1時間短くする必要があります。

 

ただ1日の拘束時間は地場と長距離でも違えば、

営業所によっても違ってきますよね。

 

まずはドライバーごとの1日平均の拘束時間を出して、

12時間を超えるドライバーが何人いて何時間超えているか?

実態を把握することから始めてみてはいかがでしょうか。

「残業月80時間」を達成する難易度を具体的に知ることができます。

 

改善基準告示カテゴリの最新記事