コラム

【活用事例】リアルタイム動態管理編/現在地の確認

「動態管理」とは、

GPSを利用して車両やドライバーの位置情報・運行状況を把握・管理することです。

従来は専用の車載機器が用いられていましたが最近ではスマートフォンや、

タブレットの普及に伴ってより安価にシステムを導入できるようになっています。

AppLogiの「リアルタイム動態管理」ではスマートフォンを利用して、

ドライバーが今、どこで、何をしているかリアルタイムで把握することができます。

動態管理を利用した活用事例をご紹介します。

ドライバーの現在地を「MAP」で確認する

  ①画面左側のドライバー一覧にある[詳細]または[MAP上のアイコン]をクリック。

  ②[ドライバー詳細]が表示されたら[現在地をズーム]をクリック。

  ③ドライバーの現在地をGoogleMAP上で確認できます。

ドライバーの現在地を「ストリートビュー」で確認する

  

  ①画面左側のドライバー一覧にある[詳細]または[MAP上のアイコン]をクリック。

②[ドライバー詳細]が表示されたら[ストリートビュー]をクリック。

③ドライバーの現在地をストリートビューとMAPで確認できます。

AppLogiではその他にも「リアルタイム安全管理」「リアルタイム労務管理」の機能を、

標準機能として搭載しています。

こちらの総合サービス案内ページからご確認いただけます。

  https://app-logi.co.jp/lp/service_sougou_210421.html

インフォメーションカテゴリの最新記事

IT導入補助金2021の対象になりました / ID数、車輌台数無制限!初期費用無料0円