コラム

ドライバーの「休憩場所」問題が解決!?高速道路の「大型車の駐車スペース」を増設。

PA/SAに「約900台分の大型車マス」を新たに整備(2021年度

 

最近はコロナで落ち着いていますが、

一時期は連日のようにテレビ番組で特集が組まれていた「高速道路のサービスエリア」。

日本一と言われいる「海老名SA」の休日の利用者は、

上下線を合わせて1日「10万人」を超えていたそうです。

 

同時に問題になっているのが「駐車スペース」問題です。

利用者が増えるほど「駐車スペース」も足りなくなり、

一般車両が増えるほど商用で使う、

「トラック」の駐車スペース確保が難しくなっています。

 

NEXCO各社ではこの「駐車スペース問題」への対策が考えられていて、

「約900台分の大型車の駐車マス」を新たに整備すると発表してます。

 

全国44ヶ所のSA/PAを対象に、

2021年度の1年間に駐車スペース整備して増やす予定です。

 

 

トラックの「駐車スペース確保」には一般車両の協力が必要

 

運送業のトラックドライバーには、

一般の方にはあまり知られていない決まりがあります。

そのひとつが「運転時間の限度」です。

 

トラックのドライバーは連続して運転できる時間に限度があり、

4時間運転したら30分の休憩等を確保しなければいけません。

(詳しくはこちら https://app-logi.co.jp/kaizenkijyun/2566/

 

この決まりがあるのでトラックドライバーは、

SAやPAで車両を停車させて休憩等を確保する必要があります。

駐車スペースがいっぱいだからと言って、

次のSA/PAまで運転することができない場合があるのです。

 

 

東日本だけでも1日に約30万台のトラックが高速道路を利用するそうです。

トラックドライバーが余裕を持って休憩場所を確保するには、

駐車スペースの整備だけでは足りない状況です。

 

高速道路のSAやPAで「大型車の駐車スペース」が空いていても、

一般車両は「小型車の駐車スペース」への停車をお願いします。

 

ニュースカテゴリの最新記事

IT導入補助金2021の対象になりました / ID数、車輌台数無制限!初期費用無料0円