コラム

トラックドライバーの到着時間と労働時間に注意!中国道の一部通行止め

大阪のシンボルと言えば「通天閣」と「太陽の塔」

その太陽の塔から見下ろした先に見える高速道路が

「中国自動車道」です。

 

1日の交通量はなんと、65,000台以上!

そのうち47%、ほぼ半分を大型車が占めています。

(国土交通省道路局 平成27年交通量調査 吹田JCT〜吹田IC)

トラックドライバーにとって、移動時間(労働時間)の短縮に

なくてはならない高速道路になっています。

 

トラックドライバーは注意!16日間の通行止め

「そんなに長いの!?どうしよう・・・」

そんな声がトラックドライバーから聞こえてきそうですが、

いよいよ6月に一部通行止めが実施されます。

主な概要は

・期間:2020年6月12日(金)〜2020年6月28日(日)

・区間:吹田JCT〜中国池田IC(上下線)

※終日通行止めになります。

 

予測では、朝7時〜9時と夕方17時〜19時の間が

一般道も渋滞する時間帯になってるそうです。

※高速道路を使うトラックドライバーはもちろん、

普段は一般道を使うトラックドライバーも要注意!

 

普段でも忙しいトラックドライバーには、いつも以上に

到着時間と労働時間に注意が必要になります。

この期間はかなり時間に余裕を持って、

出発したほうがよさそうですね。

 

※開通から50年!知ってましたか?

中国道の歴史は古く、大阪万博開催に合わせて開通

大阪府吹田市〜山口県下関市を結ぶ全長540.1キロ。

開通以来、個人利用はもちろん運送業のトラックドライバー

にとっても重宝されている高速道路です。

一方で、交通量の増加や車両の大型化で老朽化が進んでいます。

この先50年、100年先も安全に使えるようにと大規模な

リニューアル工事が開始されるそうですよ。

 

リニューアル工事の詳細はこちら

https://kansai-renewal.com/

ニュースカテゴリの最新記事