コラム

トラックの「高速道路・深夜割引」が拡充されるかもしれない!?

麻生太郎財務大臣に直接要望

 

全日本トラック協会が来年度の税制改正・予算への要望を、

麻生太郎財務大臣に出したそうです(令和2年11月10日)

要望の1つに「高速道路の深夜割引」の拡充が含まれていて、

実現すると現在の0時〜4時から22時〜5時まで拡充することになります。

 

労務管理の担当者はすぐ気づかれたと思いますが

この時間帯は、

深夜割増賃金の時間帯とまったく同じです。

 

深夜割増賃金は通常の賃金の2割5分以上が加算され、

さらに残業時間帯と重なった場合は重複発生が起きて、

通常の賃金の5割以上を支払う必要があります。

賃金以外にも深夜+残業時間になれば疲労が蓄積されて、

「交通事故」の発生リスクも高くなります。

 

今後どうなるかはまだ分かりませんが、

実際に深夜割引が拡充されたときには注意が必要です。

 

 

「特定業務従事者」の検診を忘れずに

 

22時〜5時の間に業務する場合もう一つ大切なことがあります。

「特定業務従事者」になり健康診断の受診が半年に1回になります。

 

詳しくはこちらhttps://app-logi.co.jp/beneficial/1581/で説明していますが、

22時〜5時までの労働が常態的に

・週1回以上ある

・月4回以上ある

この場合は健康診断の受診が半年に1回必要です。

常態的の定義は定められていませんが、

「毎週必ず1回以上は運行」の場合は該当すると思った方がいいでしょう。

不定期の場合は労働基準監督署へ確認すると確実です。

 

 

冒頭の麻生太郎財務大臣への要望は他にもあります。

気になる方はこちらから確認してみてください。

全日本トラック協会|https://www.jta.or.jp/kikaku/yobo/20201110zaimu01.pdf

 

 

 

 

AppLogi RealTime Cloud  |https://app-logi.co.jp/service

ニュースカテゴリの最新記事