コラム

運送業のドライバーは8月以降の労働時間に注意!?その理由は・・・ 

2020年8月以降はいろんなことが解禁予定

例えば、日本政府は「人数の上限を定めないイベント」を

8月以降に解禁すると発表しました(2020年5月25日)

イベントの開催規模を、

5月:100〜200人

6月:1000人

7月:5000人

と段階的に上限人数を増やしていき、

8月には人数の上限を解除する予定です。

 

イベント以外にも、スポーツ観戦やお祭りなども

順次制限を解除していくそうです。

いよいよ本格的に人とモノが動いてきそうです。

 

(※感染状況を見ながら判断)

詳細はこちらhttps://corona.go.jp/expert-meeting/pdf/sidai_r020525.pdf

8月以降、トラックドライバー労働時間に注意

イベントなどの制限が解除されるのは喜ばしいことです。

どんどん開催されると物量も増え、

トラックドライバーも忙しくなります。

 

ただ、気をつけておかないといけないことは

トラックドライバーの労働時間は改善基準告示で

1ヶ月の拘束時間:293時間(原則)

1年間の拘束時間:3,516時間(上限)となっています。

 

本格的に忙しくなる前にトラックドライバーの

労働時間を見直して備えておきましょう!

ニュースカテゴリの最新記事