コラム

ドライバーの「定年」は何歳?法改正で2021年4月から定年が70歳に・・・

2021年4月から定年が70歳に引き上げ

 

運送業は他の産業より「若い人が少ない」と言われていますが、

実際のところどうなのでしょうか?

若い人の定義はさておき、

業種別の年齢構成を調べてみると全産業では、

29歳以下の割合が16.5%に対して運送業は9.3%。

しかも事務職などドライバー以外の職種を含めた割合なので、

ドライバーに限ると実際はもっと「若い人」が少ない状況です。

 

さらに来年、

2021年4月から定年を70歳まで引き上げる法律が施行されます。

(※今回の改正では定年引き上げは「努力義務」になっています)

ある運送会社では既に平均年齢が「60歳を超えている」そうで、

もし70歳定年が義務化されると仕事の内容も労務管理も、

本格的に見直さないといけないと悩まれています。

 

出典:厚生労働省「統計からみるトラック運転者の仕事」

 

 

高齢ドライバーの安全対策は「運転時間」と「休憩」

 

高齢ドライバーの定義は「65歳以上」になっていて、

65歳になると健康診断や適正検査の内容が変わってきます。

特に”運転”が主業務のドライバーは健康管理に加え安全対策が重要で、

日々の運行では「運転時間」と「休憩」がポイントになってきます。

 

「改善基準告示」では連続で4時間まで運転できますが、

例えば60歳以上は「運転は3時間まで」と社内ルールを決める。

休憩は「取れるとき」ではなく「疲れを感じたら」にするなど、

対策が考えられます。

さらにドライバー任せにするのではなく実際に出来ているか、

管理者側でも把握しておくとより安全対策になります。

 

 

日報での管理も可能ですがどうしても「帰庫してから」、

その日の実態を把握することになってしまいます。

リアルタイムで把握するにはこちら↓

 

ニュースカテゴリの最新記事