コラム

運送業の改善基準告示に「睡眠時間」の基準が追加される!?

「労働実態調査」を今年と来年の2回に分けて実施

 

ご存知の通り運送業のドライバーは「改善基準告示」によって、

拘束時間や運転時間などの基準が決められています。

1989年に施行されてから今までに2回の改正があって、

3回目の改正に向けて見直しが本格化してきました。

 

今年と来年の2回に分けてドライバーの働き方を調査する、

「労働実態調査」が行われる予定なのですが調査項目に、

ドライバーの「通勤時間」「睡眠時間」が含まれています。

 

例えば、

通勤時間に1時間程かかっているドライバーがいた場合。

基準の8時間休息をクリアしていても食事や入浴・家事などを考えると、

実際の睡眠時間は5〜6時間になっている可能性があります。

こういった実際のドライバーの生活状況も調査されます。

 

平成30年には点呼時の睡眠不足確認が追加されているので、

「睡眠時間の基準」が追加される可能性もゼロではないですね。

 

 

令和4年12月までに「改善基準告示」改正

 

改正される内容はこれからの調査結果をみて議論されますが、

改正〜施行されるまでのスケジュールが公表されています。

予定では、

・令和4年12月までに改正

・令和6年4月に施行

まだまだ余裕が・・・ないんです!

改正されてから施行まで1年3か月しかないので、

改正後に「働き方を変える」「新しい顧客を探す」には時間がありません。

 

「改善基準告示」の見直しは着実に進んでいて、

改正されるのはほぼ間違いないでしょう。

 

今より厳しい労働時間管理が求められてもいいように、

今の基準より短い労働時間にするにはどうしたらいいか?

そんな働き方に対応できる新しい顧客はいないのか?

今のうちから考えておく必要があります。

 

 

 

 

改善基準告示カテゴリの最新記事