コラム

慣れた道ほど注意!自転車を追い抜いたトラックに起きた最悪の事態は…

慣れた道で起きた死亡事故

運送会社で配送業務を担当するドライバーAさん。

毎日同じルートを通り、抜け道も知っているベテランのドライバーです。

 

ある日、いつものように抜け道を使いました。

道路幅は約4メートル。

前方に自転車に乗った高齢男性の後ろ姿が見えました。

 

Aさんは警笛を鳴らし、間隔を保ちながらしばらく走行。

追い抜こうと考え、時速5キロほどで横に並びました。

自転車とは、ある程度間隔もあるので安全だとドライバーは判断・・・

 

その時、

高齢男性が乗った自転車がバランスを崩しました。

自転車はAさんのトラックに接触し、倒れ込む。

Aさんは急ブレーキを踏んだが間に合わず、

後輪で轢き、死亡させてしまう。

 

通り慣れた道ほど、注意力が低下する傾向がある

裁判は最高裁まで争うことになりました。

1審判で無罪。2審で有罪となって、

最高裁の判決は・・・「有罪」

 

裁判の判断のポイントは、Aさんの過失でした。

・トラックが通行するには狭い道だった

・自転車を追い抜くには余裕がなかった

・被害者が高齢だったこと

・自転車が通る側溝はバランスが取りにくい状態だった。

→この状況で、

「危険が発生することを認識し、追い抜きを控えるべきだった」

必要な注意義務を果たさなかったと判断されました。

 

 

通り慣れた道ほど、注意力が低下する傾向があるそうです。

Aさんはベテランのトラックドライバーでした。

もしかしたら急いでいたのかもしれません。

 

そんなときほど、いつも以上の安全運転が必要です。

お役立ちカテゴリの最新記事