コラム

経験者と未経験者どっちがいいの?トラックドライバーの採用

トラックドライバーの求人倍率は10年で6倍増加

「ドライバーの募集を出してるけど、全然集まらないよ」

ある運送会社での会話。

ニュースではトラックドライバーの人材不足について

度々言われていますが、実際はどうなのでしょうか?

 

 

本当でした。

2020年1月の有効求人倍率では、

全産業平均は1.49倍。

トラックドライバーは3.17倍。

全産業の約2倍です。

ドライバー1人に対して3社の求人があることになります。

ちなみに2010年のドライバーの有効求人倍率は0.5倍。

約10年で6倍増えていました。

 

トラックドライバーの45%は40〜54歳

人材不足と合わせてトラックドライバーは

若年層が少ないとも言われていまよね。

 

調べたとことトラックドライバーの

45%は40〜54歳だそうです。

29歳までの割合は約9%。

若年層が少ない状態です。

 

背景には、免許制度の改正や少子化の影響、

長時間労働への懸念などが原因と言われています。

 

未経験者を育てる段階へ

大手求人サイトのindeedで「トラックドライバー」と

検索すると約19,000件ヒットしました(6/10時点)

運送業の様々な業態でドライバーを募集しています。

 

本当にトラックドライバーが足りない運送会社は、

経験者と合わせて未経験者を育てる段階にきているのでしょう。

 

全日本トラック協会では準中型免許の取得に

助成金を出す制度を案内しています。

こういった制度も活用しながら経験・未経験を問わず

積極的に採用活動していかなければいけませんね。

 

 

全日本トラック協会(準中型免許取得助成事業について)

http://www.jta.or.jp/keieikaizen/yushi_jyosei/junchugata2019.html

お役立ちカテゴリの最新記事