コラム

トラックドライバーの5人に1人が事故を起こす理由は◯◯◯◯

5人に1人は事故を起こす可能性がある

トラックドライバー400人を調査した結果、

「5人に1人は事故を起こす可能性がある」そうです。

5人に1人ですよ。

50人のドライバーがいる運送会社だと10人・・・

かなり多い数字だと思いませんか?

 

この調査は全国の運送会社のドライバー400人を対象に

拘束時間や睡眠時間、事故の可能性があったかを調べてわかったそうです。

 

ドライバーの44%以上が疲れた状態で運転している

調査の中でこんな項目があります。

「睡眠や仕事中の休憩など、体を休める時間を充分に取れているか」

その回答は、

400人中176人(44%)が「取れてない」と回答。

疲れた状態のまま、運転していたことがわかりました。

 

しかも、

その176人中、約半分の84人が

「事故を起こしたことがある。事故を起こしそうだった」

と回答しています。

トラックドライバーの、5人に1人が当てはまることになります。

いつ事故が起きてもおかしくない数です。

 

ドライバーの57%は睡眠時間が6時間未満

別の項目では睡眠時間も調査しています。

稼働日の睡眠時間を調査した結果、

57%(288人)で睡眠時間が6時間未満だったそうです。

その中には、4時間未満と回答した人が6.5%いたそうです。

 

トラックドライバーの半分が睡眠不足で、

睡眠不足のまま疲れた状態で運転する。

その悪循環が、5人に1人が事故を起こす可能性を

生み出しているのかもしれません。

 

日本人は睡眠時間が6時間を切ると、睡眠不足と感じるそうです。

全日本トラック協会がドライバーの睡眠マニュアルを公開しています。

睡眠マニュアルをご参考に。

睡眠マニュアル http://www.jta.or.jp/rodotaisaku/kenko_kanri/suimin_manual.pdf

 

 

 

 

出典:アデコ https://www.adeccogroup.jp/pressroom/2019/1016

お役立ちカテゴリの最新記事

IT導入補助金2021の対象になりました / ID数、車輌台数無制限!初期費用無料0円