コラム

「再検査しといてね」で終わっていませんか?ドライバーの健康管理。

再検査が出たドライバーは要注意

 

平成30年に改正され行政処分が強化された「過労防止対策」。

このコラムでも紹介していますが3名以上のドライバーが、

「健康診断」を未受診の場合40日の車両停止処分になります。

(詳しくはこちら https://app-logi.co.jp/beneficial/1560/

 

この改正では「受診」そのものを管理強化するようにされていますが、

実は「受診後」も事業者に義務化されていることがあること知っていますか?

特に「再検査」が出たドライバーへの対応です。

 

再検査が出た場合は当然「再検査」を実施する必要がありますが、

その後、

「医師に乗務について意見を聞く」

「その結果を踏まえて乗務判断をする」

→ここまでやって健康状態の把握が完了したことになるんです。

「再検査しといてね」で終わっていませんか?

 

一方ドライバー何をしたらいいのか?

ドライバー自身は「再審査結果」や「医師からの意見」を、

しっかり会社に報告しなければいけないのです。

 

 

再検査の対応で運命が分かれることも

 

実際にこんな事があったそうです。

健康診断で再検査が出たドライバーが事故を起こして、

「そんなドライバーに運転をさせるのは会社の責任だ!」

と会社が訴えられたケース。

裁判の結果は、

「会社に責任はない」という判断。

 

理由はもうお分かりですね。

再検査を実施して医師から「乗務しても問題ない」と言われていたからです。

 

過労防止の観点から管理が強化されてる健康診断の受診ですが、

ドライバーの健康はもちろ安全管理面でもメリットもあります。

まずは「受診」をしているか?そして、

「再検査」がある場合はすぐに受診するように指示を出しましょう。

お役立ちカテゴリの最新記事