コラム

「運転者台帳」はエクセルで管理したほうがいいのか?

エクセルは「デジタル」ではない

 

「運転者台帳の管理は大変!」

新しいドライバーを採用したら必ず作成が必要で、

免許証の有効期限を更新したり適正診断の履歴を残したり・・・

もっと簡単に管理したい!と思われている方は多いのではないでしょうか。

 

紙で管理している会社では更新の度に修正ペンで書き直したり、

保管してあるファイルを探す手間もかかってしまいます。

エクセルで管理している運送会社も増えていますが、

「保存してあるパソコンが壊れて作り直し」なんてこともあるので、

安心はできないですよね。

 

AppLogiでも運転者台帳をデジタル管理できる

「デジタル運転者台帳」をリリースしているのですが、

ファイルを探す手間がなく見たいときにすぐ確認することができます。

 

 

記録だけではダメになっている

 

運転者台帳では「健康状態」を必ず記載しなければいけませんが、

それに関係することが健康診断や社会保険の加入状況です。

この2つの項目は行政から厳しく見られるようになっています。

 

平成30年には、

健康診断が未受診だった場合はこれまで警告だったものが、

3名以上だと40日の車両停止処分になったりしています。

社会保険の加入でも3名以上が未加入の場合、

同じく40日の車両停止処分です。

(詳しくはこちら|https://app-logi.co.jp/beneficial/1560/

 

今までは記録さえすればよかったことが、

きちんと運用までされないと罰則を受けるようになってきました。

 

運転者台帳に限らず記録が必要な管理項目は、

ちゃんと更新されているか?

基準に達しているか?

記録後の運用が今後重要になってきます。

お役立ちカテゴリの最新記事