コラム

真夏に注意するドライバーの労働管理は「休息期間」と「◯◯時間」

6時間超の積込み作業が「居眠運転」を誘発

 

平成29年8月、真夏の夕暮れ時に交通事故が起きました。

6,800kgの雑貨を積載した長距離の大型トラックが、

エンジントラブルで停車していたマイクロバスに衝突。

その衝撃でマイクロバスはガードレールを乗り越え6m下の法面に転落し、

バスの乗客1名とバス運転手が死亡して16名の死傷者を出した大きな事故です。

 

事故調査の報告書によると、

事故前日の拘束時間は「改善基準告示」で決められた1日13時間(原則)を、

6時間超過した19時間の拘束時間だったことが分かっています。

 

また、事故が起きた8月は真夏で気温と湿度が高い中、

合計6時間超の積込み作業を行っていたことが判明しました。

真夏の炎天下の中で長時間作業が続き、

疲労が蓄積して居眠り運転を起こしていました。

 

 

真夏の運行は「休息期間」と「休憩時間」に特に注意する

 

このドライバーは荷積みや荷卸しをしながら3日間運行する予定で、

運行管理者はドライバーに休憩地点や時間を指示していました。

しかし、ドライバーはその運行指示を守らず休憩をしないまま、

連続運転をして事故を起こしています。

 

前日の休息も「改善基準告示」の最低8時間を確保せずに、

6時間弱で運転を開始していたことも判明しています。

もし指示通りの運行をしていたら・・・

事故を防げていたかもしれません。

 

1日の労働時間が何時間だったか?はもちろん重要ですが、

真夏の運行管理では「休息期間」と「休憩時間」を、

実際にどれだけ確保できているのか?

ドライバーがちゃんと休めているか、注意して管理する必要があります。

 

それと同時に、

ドライバーには疲労を感じたら無理に運転を続けず、

車両を止めて休憩するように日頃から伝えておきましょう。

 

お役立ちカテゴリの最新記事

IT導入補助金2021の対象になりました / ID数、車輌台数無制限!初期費用無料0円