コラム

昼休憩を「しっかり1時間取る」ドライバーは要注意!?その理由は・・・

ドライバーの「良くない習慣」に早く気づく

 

ある運送会社のドライバーの日報には、

毎日しっかり「1時間の昼休憩」が書き込まれています。

ほぼ毎日、正午ちょうどに休憩に入り、

13時きっかりに午後からの業務を開始していました。

 

もしこんなドライバーがいるときは要注意です。

「残業時間の増加」や「改善基準告示違反」に繋がる可能性があります。

 

オフィスで働く事務職のように「昼休憩は正午から1時間」と決まっていれば、

毎日同じ時間で昼休憩が可能ですが、運送業のドライバーはそうはいきませんよね。

道路の渋滞や待機が発生する中で、毎日同じ時間に昼休憩を取るのはほぼ難しいでしょう。

 

 

「毎日同じ休憩時間」を日報に書くドライバーは、

その時間帯を書くことがだけが「習慣化」されていて、

実際の休憩時間ではない可能性が高くなります。

さらに、

休憩以外の労働時間管理に必要な時間も、

同じように曖昧に申告されている可能性もあります。

 

その結果、

労働時間や残業時間・運転時間などが正しく集計されず、

「残業時間の増加」や「改善基準告示違反」にも繋がっていきます。

 

「きれいな運転日報」ほどよく確認する

 

冒頭の事例は昼の休憩時間でしたが、それ以外にも

・出庫や帰庫時間がほぼ毎日同じ

・端数の時間が10分単位でしか書かれていない

など、見た目ではきれいな日報ほどよく確認する必要があります。

 

とくにベテランのドライバーは無意識にそう書くことが「習慣化」されていたり、

新人のドライバーは、それを真似て書いているかもしれません。

 

「きれいな日報」を確認してみてください。さっそく、

実際の運行との乖離がすぐ見つかるかもしれませんよ。

お役立ちカテゴリの最新記事