コラム

ドライバーの労働管理|台風の日に無理やり運転させると違反になる!?

ドライバーの労働管理は時間管理だけではない

 

「台風の日に無理やり運転させると違反になる」

そう言われたらほとんどの管理者の方は、「だったらウチは違反だらけだね、、、」

こう答えるのではないでしょうか。

実は、あながち冗談ではないんです。

 

例えば、最近頻発してる暴風雨。

避難指示が出ていたり河川が氾濫する可能性がある中で、

無理に運行を指示してドライバーが事故や怪我をした場合、

「安全配慮義務違反」という法律違反になることがあります。

 

ドライバーの労働管理では、残業時間や休憩時間に注目されがちですが、

運行自体の「安全配慮」も労働管理で重要な管理項目なのです。

「安全配慮義務」自体に罰則はありません。しかし、違反して事故や怪我が起きた場合、

民事訴訟など労働者から損害賠償を請求される可能性があります。

 

 

運送業の労働管理で必要な「安全配慮義務」の範囲とは?

 

ある運送会社のドライバーは、積み下ろしを手作業で行っていました。

業務中に腰痛を訴えてそのまま入院。腰椎間板ヘルニアと診断され、

その後仕事ができなくなってしまいました。

この事例は実際に裁判になり、拘束時間や労働時間が「改善基準告示」を超えていたことや、

積み下ろし作業に台車など補助器具がなかったことから「安全配慮義務違反」が認定されました。

 

この他にもドライバーの労働管理上で必要な「安全配慮義務」の範囲は、

・作業に必要な備品の不足や不備がないか

・「改善基準告示」を超える労働をさせていないか

・健康診断を実施しているか

・人間関係にトラブルがないか

・危険があることを知って運行を強制していないか

などに注意する必要があります。

 

 

ドライバーの労働時間の規制は年々厳しくなり、さらに時間管理以外にも、

健康状態や作業の安全性を確保した労働管理が求められています。

大きな事故や怪我がでる前に、一度上記の項目を確認してみてはいかがでしょうか。

お役立ちカテゴリの最新記事

ID数、車輌台数無制限!初期費用無料0円