コラム

荷待ちで「呼ばれるまで休憩しといて」は”休憩時間”にならない!?

制約がある休憩は”休憩”にならない

 

「最近、荷待ちの時間が長くなった大手の荷主がいて大変なんだよ…」

ある運送会社の社長との会話で出た話題です。

以前は15分ほど待てば積み込みができていたそうですが、

最近は1時間や2時間も待たされる事があるそうです。

 

そんなとき「呼ばれるまで休憩しといて」と伝えるそうですが、

実は、

この伝え方だど休憩にならない可能性があります。

 

「呼ばれるまで」がポイントになるのですが、

言い換えると「呼ばれたらすぐに積み込みしないといけない」

という事は「待機」している事と同じなので労働時間になります。

 

休憩を取ってほしい場合は、

「1時間後まで休憩しといて」という言い方だと、

”制限”がなくなるので休憩扱いになります。

 

 

11月は「しわ寄せ」防止月間

 

冒頭の話には続きがありました。

なぜ急に待たされることが増えたかというと、

大手荷主側の労働時間を短くするために無理をした、

受け入れ体制に変わったことが原因でした。

 

大手企業は中小企業より先に「働き方改革」の対応をしていて、

その「しわ寄せ」が中小企業に来ているとのこと。

 

「急に積み込み時間が指定されるようになった」

「納品の指定時間が2時間も早くなった」

こんな事が急に起きていたらしわ寄せが来ているかもしれません。

頻繁に起きるとドライバーの拘束時間や残業時間に影響します。

 

もし本当に「しわ寄せ」があってもドライバーや運行計画の変更には、

時間がかかりますよね。早く対策や対応ができるように荷主側の変化があった場合には、

すぐ会社に伝えるようにドライバーに言っておきましょう。

 

 

AppLogi RealTime Cloud  |https://app-logi.co.jp/service

お役立ちカテゴリの最新記事