コラム

トラックドライバーの長時間労働・人手不足を解消!?ダブル連結トラックとは

(出典:国土交通省 ダブル連結トラック実験協議会)

 

全長約25メートル!長さは小学校のプール並。

よく海外映画で走っている、あの超大型のトラック。

ダブル連結トラック」と言うのですが、

見かけたことありますか?

 

通常の大型トラックの2倍の輸送量があるので

トラックドライバーの長時間労働や人手不足を

解消してくれると言われています。

ダブル連結トラックについて調べてみました。

 

運転時間は半分で輸送量は2倍!

ドライバーの長時間労働や人手不足は、数年前から度々報道されています。

国土交通省は2016年にドライバーの負担を減らしたり、人手不足の解消を

目指して「ダブル連結トラック実験協議会」を設立しています。

 

ダブル連結トラックは1台で2台分の輸送が可能!

国交省の実験では、ドライバーの運転時間を5割削減

CO2の排出量は4割削減できたそうです。

2018年には、もっと輸送できるように車両長の制限を

21mから25mに緩和されています。

小学校のプールの長さだと思うとすごいですよね。

 

2019年までは海老名JCT~豊田東JCTの「新東名区間」が

実証実験の区間だったのですが、

2019年8月に北上江釣子ICから太宰府ICの「東北から九州まで」

と通行経路の拡大を発表しています。

 

今後はどうなる?

良いことばかり!と思ってしまいますが課題はあるようです。

カーブが多い高速道路の走行や、本格導入されたときの休憩スペースの

確保などが今後の課題だそうです。

 

本格的な普及にはまだ時間がかかりそうです。

それまでは、自社のドライバーの労働時間を

見直しながらドライバーの採用強化が必要ですね。

ニュースカテゴリの最新記事

IT導入補助金2021の対象になりました / ID数、車輌台数無制限!初期費用無料0円