コラム

よく使われている機能【安全管理編】BEST3をご紹介!

AppLogi Real Time Platformには、主要な機能として3つのリアルタイム機能があります

今回は「リアルタイム安全管理」機能の中で良く使われている機能をご紹介します!

 

■No1:ドライバーの「危険運転」をリアルタイム検知

 

ドライバーの危険運転の挙動をリアルタイムで検知します。

検知する挙動は全部で5つ。

1:急加速

2:急減速

3:速度超過

4:4時間連続運転

5:異常な衝撃

危険運転を検知するとスマホ画面に「安全確認」のメッセージが表示され、状況を報告することができます。

ドライバーは管理者に電話をかけなくても、危険運転の検知に対して状況を伝えることができます。

 

 

■No2:ドライバーの危険運転を「管理者」にリアルタイム通知

危険運転の挙動を検知するとリアルタイムで管理者へ通知されます。

危険運転の挙動が検知されたドライバーは、管理画面のドライバー一覧のカラー表示が変わり、

目立つように変化します。危険運転の種類もひと目わかるようにマークが表示されます。

 

メッセージ通知からそのまま「現在地ズーム」や「ストリートビュー」で詳細情報を確認ができたり、

危険運転の挙動に対するドライバーの回答をリアルタイムで確認することが可能です。

 

 

■No3:車両の安全管理機能

「車検・点検・オイル交換・免許更新」の管理を一元管理することができます。

 

使い方は簡単。車検や点検、免許証の有効期限など情報を登録するだけで、

それぞれの有効期限が近づくと自動で管理画面に通知されます。

 

また、近づいた有効期限に対してドライバーが対応を実施した場合は、

ドライバーのスマホから実施日を入力することもできます。

エクセルでの管理や紙ベースの管理台帳を使う必要がありません。

 

 

「リアルタイム安全管理機能」はドライバーの安全+車両の安全を管理する機能です。

リアルタムで事故の予兆管理をすることで「もう1段上」の安全管理の実現をサポートします。

 

他にもこんな管理はできないなの?こんな機能をつけたい!などあればお気軽にお問い合わせください!

お電話でのお問い合わせ:050-3704-9001

メールでのお問い合わせ:https://app-logi.co.jp/contact.php

インフォメーションカテゴリの最新記事