コラム

運送業の2024年問題|第18回:休日労働時間

休日労働は「960時間規制」には含まれないが、「拘束時間」の限度に含まれる

 

労働基準法の改正によって、

2020年4月から時間外労働の上限規制がはじまりました。

ご存知のとおり運送業のドライバーは「特例」で、

2024年4月まで適用が猶予されています。

 

実は2024年4月の適用が開始されても、

他の業種とは規制の基準が違うことをご存知でしょうか?

 

「単月」の時間外労働時間の基準は、

・運送業のドライバー以外:100時間未満(休日労働含む)

・運送業のドライバー  :1ヶ月の上限の規定なし

 

「年間」の時間外労働時間の基準は、

・運送業のドライバー以外:720時間(休日労働含まない)

・運送業のドライバー  :960時間(休日労働含まない)

 

単月も年間も運送業のドライバーは、

他の業務に比べて上限時間が長くなっています。

しかし、ここで運送業ならではの注意が必要です。

 

「拘束時間」の限度です。

 

1ケ月では原則293時間(最大320時間)まで、

1年間では3,516時間の拘束時間の限度があり、

さらに休日労働は拘束時間に含まれます。

 

単月の時間外労働の上限がないことや、

年間の上限に休日労働が含まれないとって長時間労働になると、

拘束時間の限度を超えてしまうことに注意が必要です。

 

※出典|全日本トラック協会:トラック運送業界の働き方改革実現に向けたアクションプラン

https://jta.or.jp/wp-content/themes/jta_theme/pdf/rodo/hatarakikata/actionplan_kaisetsu.pdf

 

 

将来的に時間外労働が960時間→720時間になる可能性がある

 

冒頭の運送業ドライバーの時間外労働の基準ですが、

将来的には他の業種と同じ基準になる可能性があります。

 

というのも同じ運送業でも管理者や事務職など、

ドライバー以外の時間外労働の上限は年720時間です

 

厚生労働省の資料でも引き続き検討する旨が記載されています。

自動車運転の業務:(略)・・・年960時間とし、将来的な一般則の適用について引き続き検討する旨を附則に規定

「労働時間の制度に関する見直し」P3:https://www.mhlw.go.jp/content/000332869.pdf

 

まずは時間外時間の、

年間960時間=月間80時間を基準に管理する。

月間80時間がクリア出来たら、

年間720時間=月間60時間を目標に管理する。

 

この基準で管理できるように、

今のうちから体制を考えておいて損はないはずです。

 

 

【あなたにオススメの記事】

点呼時間を「出退勤時間」にしてはいけない。・・・https://app-logi.co.jp/2024/6516/

運送業2024年問題カテゴリの最新記事

ID数、車輌台数無制限!初期費用無料0円