コラム

運送業の2024年問題|第6回:残業60時間超の割増賃金

月60時間超の残業は割増賃金率が「5割」になります。

 

ご存知のとおり2024年4月から、

運送業のドライバーに残業時間の上限が適用されます。

年間の残業時間が960時間の上限になり、

月平均では80時間が目安になります。

 

現行の制度では月の残業が50時間でも80時間でも、

割増賃金率は「2割5分」になっていますが、

2023年4月以降は割増賃金率が改正されます。

 

大企業では既に2010年から適用されていて、

中小企業にも2023年4月から適用が開始。

月60時間超の割増賃金率が現行の「「2割5分」から「5割」になります。

 

この改正は業種に関係なく適用されるので、

「残業時間の上限規制」のように運送業だけの特例はありません

2023年4月からどの業種も月60時間超の割増賃金率が「5割」になります。

 

 

月60時間超の残業が深夜時間だと割増賃金率は「7割5分」

 

賃金の割増は残業時間以外にも決まり、

そのひとつが「深夜時間」の割増です。

 

深夜(22時〜5時)時間帯は、

深夜割増賃金率が「2割5分」と決められています。

 

冒頭の月60時間超の残業がこの深夜時間帯だった場合、

深夜割増賃金率「2割5分」+時間外割増賃金率「5割」

=7割5分となります。

特に深夜時間帯の労働が多い運送業では、

割増賃金が大きく影響してきます。

 

割増賃金率の改正は「残業時間の上限規制」より、

1年早く始まります。

月の合計残業時間の把握はもちろん必要ですが、

「60時間超の残業時間」「深夜労働時間」

この2つの把握が重要なポイントになってきます。

 

把握ができればどう対策をするか考えることができます。

改正される前に、今のうちに取り組む必要があります。

 

運送業2024年問題カテゴリの最新記事

IT導入補助金2021の対象になりました / ID数、車輌台数無制限!初期費用無料0円